結婚指輪の必要性について

結婚指輪の必要性について

左手薬指に指輪がはめられている人をみると、この人は既婚者なんだなと思いますよね。

そのように結婚すれば左手薬指に指輪をはめるものだというイメージが強いです。

私も結婚式に間に合うように指輪を用意しましたが、式中にも指輪の交換があるように当たり前に用意するものという意識がありました。

しかし、最近では結婚指輪を必要としないカップルも増えてきているようです。

とはいうものの、 結婚指輪の代わりにお揃いのネックレスや腕時計を購入するといったケースが多いです。

結婚指輪を購入しない理由として、職業上指輪をつけて仕事をする事ができないため、身につける事ができるお揃いの時計にしたという人もいました。

キリスト教信者の場合は、宗教上から指輪をつける事が儀式の一つであることから、つけたくないからつけないという考えがないそうですが、キリスト教信者などではない場合は、指輪をつけなくてはならないという決まりもないですし、結婚しても指輪はいらないと考える人がいてもおかしな事ではないですよね。

Comments are closed.