結婚指輪の必要性について

日本人に限らずほとんどの国の人は結婚すると、左手の薬指に結婚指輪としての指輪をはめますが、日本にはどのようにしてその習慣が取り入れられるようになったのでしょうか。

日本は戦後、結婚式を教会で挙げるようになりました。

その結果、新婦はウエディングドレス、新郎はタキシードを着るような西洋の結婚式スタイルが次々に入ってきて、指輪に関しても結婚指輪を夫婦でつけるという習慣が定着したようです。

元々は外国でつくられた文化ですので、日本人が結婚したら互いの左手薬指に指輪つけなければいけないという事でもありませんし、つけるつけないかは二人の自由です。

ですので、結婚指輪を必要としない人がいる事は不思議な事ではないのでしょう。

しかし、片方は指輪を必要としておらず、もう片方は欲しいというように意見が対立する場合は、指輪を欲しいという気持ちを優先的に考えてほしいと私は思います。

購入する指輪が高級であるかそうでないかが問題ではなく、永遠の愛を誓った証しとして目に見える指輪として普段から身につける事はとても素敵な事だと思います。

Comments are closed.